会社法務? ま、うちには縁がない話だね。


『税理士とは付き合いがあるけど、弁護士や司法書士なんて付き合いないよ』これを見ている多くの方が、このような現状であると思います。しかし,どのような経営規模であっても,未収金の請求や契約書へのサイン、お客様とのトラブル等など常日頃から法律の問題は生じているのです。また、会社内部では従業員との労働トラブルも当然予期しておかなければなりません。
 確かに日々の業務に追われていて、先を見据えることまでは難しいと思います。しかしいざ法律トラブルに直面すると、オロオロするだけで本業どころではなくなってしまうのも事実です。

 当事務所を利用する最大のメリットは、御社の実情を十分に理解している司法書士にいつでも遠慮なく法律的なアドバイスを受けられるということです。もちろん、ほんの些細なことでも構いません。無用な法律紛争を事前に対処し、皆さんの本業を陰ながら支える事務所でありたいと考えております。
 また、当事務所は緑区、青葉区、町田市を中心とした地域密着の司法書士事務所であり、都内の渉外弁護士事務所や大手司法書士事務所のようにビックリするような顧問料を頂くつもりもありません。この機会に是非、当事務所との顧問契約をご検討ください。




役員の登記を放置していただけで過料(?)の請求がきました。
  新手の架空請求なんでしょうか?


お気の毒ですが架空請求ではないと思いますので、それはちゃんとお支払いください。会社法という法律で、会社の登記簿に変更があった場合、基本的に2週間以内にその登記をしなければ100万円以下の過料に処するという規定があります。
 ただ、現実問題として2週間を過ぎたから即請求がくる扱いとはなっていないようですが、うっかりしていた場合にはかなりショックです。現在は取締役の任期が最長10年に変更することができます。これを機に、役員任期の変更をされてみてはいかがでしょうか?




今年いっぱいで会社をたたもうと思っています。
その場合はまず、現在の会社を清算会社にする必要があります。清算会社とは営業活動は行わずに、未収金の回収・会社に残った借金の返済など、残務処理だけを行う会社のことです。この清算活動が終わり、その登記をすることによって登記簿上、会社がなくなることになります。設立の場合とは異なり、会社を清算する場合には少々お時間が掛かります。手続きの流れや必要書類の手配など、細かいご説明をさせていただきます。まずは一度ご連絡ください。


ページTOPへ            

<事務所所在地>

  226-0027

   横浜市緑区

   長津田5-1-12

 

  T E L
 045-988-0157

  F A X
 045-988-0158

 

 ↑イベント最新情報等

 随時更新!!

 



司法書士 髙橋 欣也
プロフィール


(法テラス)

相談登録事務所 


■グループ会社■

㈱ロイヤーズハウジング

 節約効果抜群の不動産紹介

(法律家と営業マンが厳選)

※日本司法支援センター